凱旋門賞(G1)2018予想!本命はヴァルトガイスト!【海外競馬】

凱旋門賞(G1)2018予想!あと50分で発走って時に更新!

ネットでも大盛り上がり中ですね!

TV中継もあるし、三連休で明日も休み!

そして、武豊が4000勝してスプリンターズSで大穴開けて、大注目される今、例年以上の盛り上がりを見せていますね!

前回の海外G1競馬の「ジャックルマロワ賞」の3連単を的中させ、海外競馬と相性が良い?私の予想を載せます!

ぶっちゃけ、全然わからんけど!!

◎ヴァルトガイスト

前哨戦のフォア賞を勝っている馬、素直に本命でしょ

下で触れますが、エネイブルも昨年ほど順調でもないし恵まれてもいません。

目下4連勝中と勢いもありますし、ロンシャンの適性も文句なし。

クロスオブスターズと同じような臨戦過程ですが、圧倒的な差をつけていますね。

変に穴馬狙うより、まずは本命は王道で来ているこの馬から!

〇エネイブル

昨年の覇者!しかし、去年はシャンテイイ競馬場での開催でしたし、そもそもロンシャンは初めてで適性は疑問符。

去年、最大のアドバンテージだった斤量も上がるしね。

怪我をして一度は終わったと思われたが、前走で圧巻の復活劇!

しかし、馬場はオールウェザーでG3でレースレベルもどうなの?って感じ。

とはいえ戦績は間違いなく現役では、世界一の馬でしょう。ただ、あまり過信は禁物じゃないか、というのを言いたい感じです!

△スタディオブマン

これは、応援の意味も込めて。

勿論、クリンチャーが勝ってくれれば感動ですが、さすがに日本で一流になり切れない馬が、世界はキビシイでしょう。

応援する理由は、父があのディープインパクト産駒だから。

改めて思うけど、海外馬としてのディープ産駒とディープスカイ産駒が、凱旋門賞で激突するなんて、夢にも見なかった筋書きですよ!!

3歳で斤量に恵まれるし、仏ダービーの勝ち馬ですからね、実力は間違いなくある馬です。

父の汚名を晴らすというドラマ、期待する価値はあるのではないでしょうか?

ひとまず、予想はこの3頭で!これ以上、よくわからない…。

馬券を買えるようになり、より日本に身近になった世界最高峰のレース、凱旋門賞!